幼稚園入園後に早生まれ幼稚園児さんのお勉強系習い事を検討してみました




3才なりたてで幼稚園に入園した娘。

幼稚園にも慣れて生活も落ち着いてきたころ幼稚園降園後がヒマだな~と感じるようになりました。

遊べばいいじゃないと思われるかもしれませんが、近所のお友達に娘が気が合うタイプの子がおらず、さっさと自宅に帰っていたのです。

ダラダラ過ごすのも勿体ないので何かできる事はないか探し始めました。

年少時はすでにスイミングに通っていたので今度はお勉強系について何かしてみようと考えました。

どこか教室に通ってみようか悩んでみた

年少さんで通えるお勉強系の教室を調べてみました。

  • 公文
  • 学研
  • そろばん
  • めばえ
  • ドラキッズ
  • 七田チャイルドアカデミー
  • 小学校受験用教室

うちはそんなに都会ではありませんが結構色々ありました。

目的を考える

早生まれ母がお勉強系習い事に求めたのは

  • 学習習慣をつけたい
  • 小学校に入るときに困らないようにしたい
  • 出来れば入学時には1年生の国語と算数ぐらいは終わっていてほしい
  • できれば小学校入学以降も続けたい

小学校受験はしないと決めていたので小学校受験用教室は候補から外しました。

そろばん

そもそも、そろばんを習いに行けるほどまだ数の概念が出来ておらず、スタートラインに立っていないのでまだ時期ではないかな。

と思い候補から外しました。

<関連記事>

早生まれ母が早生まれ娘に公文(算数)もそろばんもさせない理由

公文&学研

プリント教材が楽しそう!カラフルでかわいい感じです。

公文は子供の能力に応じた教材なので早生まれ娘の能力があれば入学までに1年生の範囲ぐらいまでは終わりそうです。学研は小学校入った時に困らないように、がコンセプトのようなので目的は達成できそうです。

また、両方とも幼児教室ではないので小学校入学後の継続も可能です!

が!!!

これにウン千円かぁ・・・・・・・・。

素敵なプリントでしたが月に数千円の価値を見出せずに候補から外しました。

ドラキッズ

知育系と入学準備系とバランスが良いと感じました!

子供の人数の割に先生の数が多いのがいいなと思い、結構惹かれたのですが早生まれ娘の幼稚園はお勉強系幼稚園で幼稚園のカリキュラムとあまり変わり映えがしない感じが・・・・。

ぜひここに!!と思えず候補から外しました。

めばえ教室&七田チャイルドアカデミー

両方ともひらがなを覚えるや足し算ができるという事よりも更に上の応用力を身に着ける「知育」がメインに感じました。

そしてちょっとお高め!

将来的に役に立つのだろうなと思いましたが知育ばっかりなのもなぁ・・・と思い候補から外しました。

学習系習い事のスタートラインに立っていないと感じた

お金がたーくさんあれば月謝の事を気にしなくてよいのでしょうが我が家は普通のサラリーマン家庭。費用対効果は重要検討材料です。

年少さんの学習系習い事は子供にとっては難しい内容でも簡単な内容ばかりです。

この内容に数千円を払えないなぁ・・・

が正直なところでした。

我が家は家計的にも早生まれ娘の学力的にも学習系習い事のスタートラインに立っていないのだと感じました。

長期的な視点で見ればきっと「通ってよかった!!」と思えるんだろうなぁとは思ったので残念でしたけどね。

でも家計を火の車にはできません。

おうちでドリルでもやろうかな

通うことを諦めたころ、本屋さんで未就学児向けのドリルが売られていることに気が付きました。

迷路、運筆、工作系などたくさんのドリルが売られています!

これおうちでやればいいんじゃない?

数冊買っておうちで試してみることにしました。

ドリルはよかったのだけど・・・

娘はドリルが結構好きで楽しんでやっていました!

よかったよかった!ヒマつぶしもできるしお勉強もできるし!

と数日は思っていたのですがふと思いました。

このドリルをこなすと結果的に早生まれ娘がどうなるのかがわからない。

カリキュラムがない

各々のドリルはよかったのですが文字なら文字、数なら数、運筆なら運筆なので早まれ娘が小学校に入るまでの目的を達成するためには早生まれ母が自分でカリキュラムを作る必要があります

でも早生まれ娘が第一子なので

  • 読み書きができるようにするために何が必要なのか
  • 数の概念を理解してもらうには何が必要なのか
  • 足し算、引き算ができるようにするにはどうしたらいいのか

わからない。

こうかな?っていうのはありますが早生まれ母が考えたカリキュラムが正しいのかどうかがわからないんです。

3年間あれこれドリルやった挙句意味がなかったなんてことは絶対に避けたい。

通信教育を考える

通うよりは体力的にも金銭的にも負担が少ない通信教育を検討しました。

  • チャレンジ
  • ポピー
  • ドラゼミ
  • Z会
  • SAPIX系

通いの習い事よりも選択肢がいっぱいです!

でもやっぱりなんか違う・・・・

サンプル取り寄せてみたりしたのですが

  • シールをペタペタする系ワークブック
  • 工作系ワークブック

これは求めていませんでしたが結構こういうのが多くて・・・。

もうちょっと「お勉強」っていう感じがよかったんです。

ドラゼミはまさかのドラえもん拒否にあい、Z会やSAPIX系は私が求めているよりも更に上の内容だと感じ、これといった通信教育には出会えませんでした。

偶然プリントを一括で買える教材に出会う

通いもダメ、通信教育もダメで途方に暮れていた早生まれ母。

これだけ色々な物をインターネットで探していると表示される項目も知育関連の物が多くなります(笑)

そんな広告で気になったものがありました。

通いを検討していた時の選択肢にあった「七田式」の教材です。

私は実は七田式が一番気になっていたのです。教材か~。教室通っている人用なんだろうな~と思いながらちょっと見てみると

幼児用プリントなるものが。HPを眺めてみると

  • 10か月分で17000円ぐらい(ひと月1500円ぐらい)
  • キャラクター系ではない
  • 1日15分の取り組み
  • 工作、シール系がない
  • 小学校入学準備を意識したカリキュラム構成

これは!!私が探していたもの!!!!

幼児用七田式プリントが更に私の心にヒットした理由

カリキュラムや内容だけではありません。

我が家は一人っ子。もしかしたら第二子が来るかもしれません。(いまだに来ていませんが)

通信教材だと難しいのですが、

七田式プリントはコピーして使える!一粒で二度おいしい!!!

我が家は格安でコピーできる環境だったのでコピーして使えばもう1セット同じものを買うよりお得になるのです。

というわけで早生まれ家は七田式幼児プリントで就学前のお勉強に取り組むことにしました

<格安コピー関連記事>

中学受験でも使える家庭用コピー機(複合機)でパパ・ママ塾を快適に!

中学受験でも使える家庭用コピー機(複合機)でパパ・ママ塾を快適に!我が家の初代複合機PIXUS MX923

https://hayaumare.com/copy03/

最後に

やっぱり幼児教室といわれる教室は我が家の家計では高いな~と思いましたが家計が許すのであればやっぱり通いたかったな~というのが本音です(笑)

でもお金がないならないなりにコストパフォーマンスを考えて教育するしかありませんよね。

今度は七田式幼児プリントがどうだったのかを書きたいと思います!

<関連記事>

早生まれ娘がママ塾で七田式プリントA~Cまでやった紆余曲折(プリントA編)

早生まれ娘がママ塾で七田式プリントA~Cまでやった紆余曲折(プリントB、C編)







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です