ちょっと調子が悪くなっちゃったMFC-J6995CDWを修理に出してみた




早生まれ家のママ塾ではなくてはならない存在になっているMFC-J6995CDW。

酷使しすぎたのかスキャナーの調子が悪くなってしまいました( ノД`)シクシク…

現象が起きたり起きなかったりだったのですが、保証期間内だったので修理に出すことにしてみました。

修理が必要なのかどうかをbrotherのHPで確認しよう

brotherには修理に出す前に故障なのかちょっとしたトラブルなのかを確かめられるサイトがあります。

ここで修理案件だとそのまま修理の申し込みが出来ます。

修理には2パターン

修理に出す方法は2パターンあります。

  • 出張修理パターン
  • 引き取り修理パターン

出張修理パターンだと出張費が8000円(税別)、引き取り修理パターンだと2500円(税別)がかかります。

保証期間内は修理費用は無料ですが、出張費や引き取り修理の送料にはお金がかかります。

引き取り修理パターンを選んでみた

安い方が良かったので引き取り修理パターンを依頼しました。引き取り修理パターンを依頼するとダンボールと緩衝材とでっかいビニール袋が送られてきます。

 

ちなみに、私はもしかして修理に出す事があったら必要かもと思い、購入した時の箱と緩衝材も取ってあったんですが取ってなくてももよかったんですね・・・(笑)

でもせっかく購入時の緩衝材があったのでそれも利用して詰めてみました。なので普通はこの白い発砲スチロールはありません。

保証書と購入日が分かる書類とこんな事象が起きましたという証拠も入れました。

着払い伝票が入っていたので自分の住所を書けばヤマトに集荷を頼むだけでOK。

一応集荷依頼をするときに「でかくて重いです」と伝えておきました。

行先は近畿地方でした。

私はクロネコメンバーズに登録していて宅急便が来るときにはお届け予定日を通知してもらうようにしているので分かったのですが、修理依頼したその日に梱包材は発送されていました。私の都合で梱包材の受け取りが遅くなりましたが対応の素早さに驚きました。

あっという間に帰ってきた

日曜日の午後に発送したので到着は月曜日の午後だったのではないかと思います。

そしてまたヤマトからのお届け予定日の通知で火曜日には発送されていて、水曜日には帰ってきたのです!!はや~~~い!!!

修理の結果は?

再現せずで戻ってきました。

内部を調整してくれたようなのですが具体的に何を調整してくれたのかは送られてきた用紙からはよくわかりませんでした(笑)

起きたり起きなかったりしていたのはこちらもわかっていたのでこうなるのではないかな~・・・と思いながらの修理依頼でしたがとりあえずこのまま様子を見ようと思い、またスキャナーを使った途端

事象再現

( ノД`)シクシク…

またブラザーに連絡する事にしました。

つづく。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です